お金の貸し借りとは、お金を貸す人(貸主)とお金を借りる人(借主)

お金の貸し借りとはどんな契約ですが

お金の貸し借りとは、お金を貸す人(貸主)とお金を借りる人(借主)のあいだで、@あとで返すとい
う約束をして、Aお金を受け渡すことです。お金の貸し借りのことを法律の世界では「金銭消費貸
借契約」などと難しい言葉で呼びますが、「返す約束」と「お金の受け渡し」という、たったこれだけ
のことでお金の貸し借りという契約は有効に成立するのです。

 

ここでのポイントは「返す約束」をしていること。返してもらう約束のないお金は「貸した」のではなく
「あげた」ことになってしまいます。お金をあげたりもらったりすることは法律の世界では「贈与契約」
と呼ばれ、お金の貸し借りとは異なる契約になってしまいます。

 

お金の貸し借りでは、返す約束の日が来たら貸主は借主に「お金を返して」といって返してもらう
ことができますし、逆に借主は貸主にお金を返さなければいけません。