では、「連帯保証人」とはどういうものなのでしょうか

保証人になるとどうなるのか

友人から、「保証人になってほしい。絶対迷惑をかけないないから」と頼まれた。保証人になるとは、
どういうことなのだろうか?

 

●保証人の意味と責任
保証人とは、「借主が貸主に対して約束どおり返済をできない場合は、私が代わりに返済します」と、
貸主に約束をした人のことをいいます。つまり、保証人になると、借主が借りたお金を約束どおり返さ
なかったとき、貸主から「あなたの持っている財産で残金全額を支払ってくれ」と請求されたら、それに
応じなければならない義務が発生するのです。なお、借主から「保証人になってほしい」と頼まれた
ときは、ほぼ間違いなく、それは「連帯保証人になってほしい」という意味です。

 

●連帯保証人になると
では、「連帯保証人」とはどういうものなのでしょうか。連帯保証人は、借主が期限の利益を喪失した
場合、貸主に「借主に貸したお金を返せ」と請求されたら、まだその借主に借金を返せる力があったと
しても、その請求に応じなくてはなりません。借主に返せる力が残っていても貸主の請求を断れないとこ
ろが、たんなる「保証人」とは違います。貸主は、お金を貸すときに、承諾してくれる人がいれば何人
でも連帯保証人をとることができます。そして、連帯保証人が何人かいる場合、借主が期限の利益を
喪失したときに、どの連帯保証人にいくら請求するかは貸主の自由なのです。したがって、貸主はそれ
ぞれの連帯保証人に何分の1かずつ請求して、トータルで全額回収をめざすこともできますし、何人か
いる連帯保証人のうちの誰かひとりに「あなたが全額を返せ」と請求することもできます。そして、ひとり
で全額を返せと請求された連帯保証人は、他の連帯保証人や借主にも請求してくれといって貸主
の請求を拒むことはできず、請求どおりに全額を返さなくてはならないのです。また、連帯保証人の責任
は、免除や時効にならないかぎり、あるいは連帯保証人の誰か(複数の場合もあります)が借りたお金
の全額を貸主に返すまで消えません。

 

●自分が借りたのと同じこと
借主から頼まれてなった連帯保証人が借主に代わって貸主に支払いをした場合、連帯保証人は、
その借りたお金を借主に対して請求することはできます。しかし、貸主から連帯保証人が貸したお金
の請求を受けた時点で、おそらく借主は、ほとんど財産的なものを持っていないことが多いでしょうから、
法律的に請求できるとはいっても、実際に支払った分を取り戻すのは難しいでしょう。借主から連帯
保証人になってくれと頼まれたときは、連帯保証人にはこういった責任があること、すなわち、自分で
借りたのとほぼ同じ責任を貸主に対して負わなければならないことを理解して契約すべきです。一方、
お金を借りる際に友人や親などの大切な人に「(連帯)保証人になってくれ」と頼むときは、自分が
支払えなくなると、その大切な人が、このような重い責任を背負わなければならなくなることを十分に
理解して頼むべきです。