借主が自発的にお金を返してくれないとか

担保や保証人とはどんなものですか

●担保を取るのはなかなかたいへん
借主が自発的にお金を返してくれないとか、失業や病気などでお金を返せなくなってしまったら、貸した
お金を取り戻すにはかなりの労力が必要です。「借主の家族だから」といって借主以外の人に請求する
ことはできませんし、「借主のものだから」といって勝手に持ち出すこともできません。しかし、あらかじめ
担保や保証の契約をしていれば、なにもしていないよりは、お金を取り戻せる可能性が膨らみます。
担保とは、借主が「お金を返せなかったら、足りない分はこのモノを売って、その代金から取り戻して」
といって、あらかじめ貸主にモノを手渡したりすることです。ところが、担保を取るのは、プロでもなかなか
難しいのが現実です。というのも、貸したお金が少額だと、家や敷地を担保に取っても売ったり競売
するのに手間がかかってしまって費用倒れになったり、逆にちょっとした品物だと買ってくれる人が見つ
からなくて、結局お金を取り戻せないといったケースが少なくないからです。

 

●「保証人」と「連帯保証人」がある
保証人とは、貸主と借主がお金の貸し借りをするときに、「借主がお金を返せなかったら、足りない分
は私が代わりに払うよ」という約束をした人のことです。なお、この「保証する」という約束は、必ず貸主
と保証人との問で交わされます。したがって、保証人になった人が「保証人を辞めたい」と思ったら、
辞めることを貸主に同意してもらわなくてはなりません。「保証人をもう辞めるから」と借主にいっただけ
では保証人を辞めることはできないので注意が必要です。ところで、日本の金融機関が「保証人」
といったとき、それはほぼ100%「連帯保証人」のことをさします。では、ただの「保証人」と「連帯
保証人」では、どこが違うのでしょうか。じつは、連帯保証人には「借主がお金を返せなかったら」
という条件がありません。つまり連帯保証人は、貸主に「お金を返せ」といわれたら、たとえ借主が
まだお金を返すことができるとしても、返済しなければいけません。よく「保証人になったら、自分で
お金を借りたのと同じだと思え」といわれますが、まさにそのとおりなのです。